ヒキコム!

2012年に就活失敗をしました。そこから1年ほど引きこもりになり、ダイエットで世界が変わった男です(^o^) 私の日々の考え、趣味、挑戦したこと、引きこもっていた時の様子を思いのままに綴っていく元ひきこもり、現役社会人のブログです!

GPSウォッチを購入すれば「Nike+」のデータを失う。今までのランニング記録が無くなってしまうことが非常に悲しかったです。
IMG00165
GPSウォッチ「SF-710S」を購入したんですが、何かを得るということは何かを捨てるということでもあります。Nike以外のGPSウォッチ購入にあたり一番悩んだことが、「Nike+」でデータ管理を行わなくなるので約一年間分の「Nike+」のデータが失われてしまうということでした。

私が約一年間「NIKE+」で走ってきた距離は3,200㎞ほど、これだけ積み上げてきた距離が0になってしまうのは非常に悲しい気分でした。

第一の解決法
そこでまず考えたのが、なんとかして今までのNike+のデータを、GPSウォッチを購入した際に使うデータ管理アプリに移行する方法は無いのかということです。

具体的に言うなら、「Nike+」から「GARMIN Connect」や「Run Connect」へのデータ移行方法は無いのかということを調べてみました。

しかし、私の調べてみた範囲ではそういった方法は存在しませんでした。ただ、「GARMIN Connect」から「Nike+」へ移行するという方法は存在しました。

第二の解決法
「GARMIN Connect」から「Nike+」へのデータ移行が可能ということは、GARMINのGPSウォッチを購入して、計測データを「Nike+」に移行し続ければ引き続き「Nike+」でデータ管理を行えることになります。この方法を取るべきかどうか非常に考えました(参考URL http://bbggkk.blog.fc2.com/blog-entry-260.html )

しかし、これって非常に面倒くさい作業です。毎回毎回データ更新を行う度にやらなければいけない作業が増える。私はほぼ毎日走るので、毎日やらなければいけない作業が1つ増えるのは厄介です。

これって非常に変ですよね。走ることが目的でデータ管理をしているのに、データ管理に走ることを縛られています。まさに本末転倒です。

Nike+との別れ 
そこで、決心したのは「Nike+」のデータは捨てるということでした。結局は、データ管理の数字は画面上の数字でしか無いんですよね。データ管理の数字が0になったところで今まで自分が3,200km走ってきたという事実は変わらないということに気づきました。

そもそも、「Nike+」に縛られているとGPSウォッチの選択肢がどんどん減っていきます。「Nike+」さえ諦めれば本当に欲しいGPSウォッチに出会えます。 

この前、ブログに「捨てる技術」について書いたのですが、まさにこの技術を使った瞬間でした。何かを捨てると選択肢が一気に広がります。そうした経緯があり購入したのがEPSONの「SF-710S」と言うわけです。

最後に
私と同じように「Nike+」のデータ移行で悩んでいる人って結構いるんじゃないだろうか。

今までのデータが無くなることって悲しいですよね。何かを失ったような感覚に襲われます。しかし、データはデータです。経験は体に刻まれているので、思い切って捨てても大丈夫なんじゃないでしょうか。 

私は捨てるまではとても心苦しかったけれど、いざ捨ててみると「なんだこんなもんか」って感じです。データに縛られず新しい可能性を切り開きましょう! 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL